【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山に探険

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山に探険

スポンサーリンク


ちょっと記憶があやふやですが、
一応実話です。

自分は消防の頃、
お盆がくると毎年山奥の親父の実家に預けられていた。

山々の谷間にポツンとある集落で、
娯楽施設なんか何一つなかったけど、
毎日のように爺さんが山に探険に連れていってくれてたから、
あんまり退屈しなかった。

あの日も爺さんにくっついて山の中(たしか沢沿い)を歩いてたら、
狸(?)の死体が転がってて、
自分は狸とか野性生物を間近で見るのがはじめてなもんだから、
死体とはいえ大興奮。

でも爺さんは、
自分とは反対に変な顔しながら、
狸を引っ繰り返した。

そしたら、その狸の腹が、
喉の辺りから尻尾の辺りまで一直線に裂かれてた。

んで、その中にやたらとタンポポみたいな花が詰められてて、
可哀相つぅよりオゲッ(´谷`)ってなった。

勿論探険は中止。

おかげで夕飯が全然進まなくて婆さんに怒られた。

これだけで終わりなら良かったんだが…
自分は夜寝るときは、
離れにある親父の部屋で寝ていたんだが、
変な物音で目が覚めた。

ビチャビチャって足音(?)が、
離れの周りをグルグルまわってる。

カーテンに子供くらいの影が映ったときは、
幽霊としか思えなくて心臓止まるかと思った。

勿論ビビリな自分は、
朝に婆さんが起こしにくるまで布団に潜って
(山奥の夜は夏でも寒い)耳塞いでた。

あの時ほど、
年寄りの早起きを有り難いと感じたことはない。

夜のことを話したが、
爺婆は信じてくれなかったし、
狸のことも近所のガキの仕業だと笑い飛ばされました…

爺さんかなり顔引きつってたけど…

結局アレが何の仕業だったのかは分からないまま、
爺さんが去年他界しました。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント