【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山の中のホテル

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山の中のホテル

スポンサーリンク


今から10年位前だったかな、
妻と子ども連れて結構遠くの温泉に行ったんだよ。

で、帰り(12時くらいだったか)もう遅いから、
今日は何処かに泊まって次の日に帰る事になったんだよ。

でも、既に山道に入った後で宿どころか家も無くて、
しかも街に出るまでっていったらかなりの時間がかかるし、
子どもも眠いって言い出したから、
近くに泊まるとこないかなーなんて言いながら探してたんだよ。

そしたら山の中にポウッと灯りが見えたんだよ。

俺「あれホテルじゃねえの?」

妻「ホントだ看板が見える!」

その時もう夜の一時過ぎてて、
この際ちょっと位ボロくてもいいだろって思ってたんだ。

でも、看板が近くになってそのボロさ加減に驚いた。

でも一応電気も通ってるし、
ホテルはあるだろと思ったんだが、
看板が指してる方向は真っ暗闇の竹やぶ。

そこに、コンクリートのひかれていない道が延々と続いてるんだ。

妻「ちょっと怖いよ。やめない?」

俺「でも街まで結構あるし、〇〇を早く寝かせないと」

う~んと妻も渋々いいよと言ったので、
竹やぶを進むことにした

行けども行けども竹やぶに挟まれた真っ暗な悪路が続いて、
一向にホテルが見えない。

俺「これ、ホントにホテルなんてあんのか!?」

妻「ちょっと遠すぎだよね…」

イラツキながら車で進んでると、
『この先、〇〇ホテル』と書かれた、
入り口にあった看板より更にボロボロの木の看板が目にとまった。

俺「うっわ!ヤベぇな」

妻「もう帰ろう!」

俺「ここまで来たんだし行ってみようよ」

そう言って進んでるとホテルが見えてきた。

俺・妻「やっと着いた~」

ホテルは意外に大きく、
車庫に車を停めに行くとガレージ式になっており、
車が入る度シャッターが降りる仕組みになっていた。

かなりの数の車庫があり、
その内結構な数のシャッターが降りていた。

俺「あれ、泊まってる人結構いるじゃん」

妻「ホントだ」

俺「部屋あいてるかな?」

妻「大丈夫でしょ結構大きかったし」

で、ホテルに入って行ったんだけど(ホテルじゃなくて旅館って感じだったな)、
受付に婆さん一人いるだけなんだよ。

変な旅館だな何て思いながら、

俺「さっさとチェックインして部屋いこうや」

妻「ちょっと待ってて」

そう言って妻がチェックインを済まし、
部屋に着いたんだけど…寒い!!

9月だってのに異常な寒さだった。

俺「さっむいなー山だからかな?」

妻「ホント寒いね〇〇風邪ひくかも」

俺「ちょっと暖房つけてもらってくるわ」

フロントに行くと婆さんがいて、

俺「すみません、寒いんで暖房つけてもらえますか?」

婆さん「ハァ、ハイハイ」

内心この婆さん聞こえてんのか?と思いながら、
念のため「頼みますよ」って言い部屋に戻った。

俺「暖房つけてもらったから」

妻「でも寒いよ」

俺「まだ効いてないんだよ、それらしい音もするし」

子どもはとっくに眠ってて、
早く暖かくなれよと思ってたんだが、
いくらたっても暖かくならない。

寒いし風呂にでも入ろうと風呂にいったんだが、
風呂がまたさらに寒い!

しかも水を溜めよとしても冷水しかでず、

「ドウナッてんだよこの旅館」

と半ばキレて部屋に戻ったんだよ。

で、文句言ってやろうとフロントに行く途中で、
あれ?って思ったんだ。

あれだけ車庫のシャッターは降りてて車は止まってたのに、
他の客とすれ違いもしない。

確かに夜遅いかったのもあるけど、
なんていうか人の気配がしないんだよ。

そう考えてたらだんだんと怖くなってきて、
急いで部屋に戻って妻に

「おい!帰るぞ!」

妻「えっ!?」

俺「いいから!」

急いで子ども抱えて車庫まで走った。

もう金払っててもったいないなとは思ったが、
そんなこと言ってられなかったんだよ。

で、
シャッターあけて車で帰ろうとした時、
視線を感じた。

周り見回しても妻と子どもだけしかいない、

車庫は横にズラッと並んでるんだけど、
隣りの車庫との間にしゃがんで覗き込める隙間があった。

ほかの車ちゃんとあんのか?と思い、
下から覗いて見て背筋が凍った。

シャッターは降りても車は一台も停まっておらず、
その奥から婆さんと何人かの人がこっちをじっ…と覗いていた。

目が合った瞬間、
妻を急いで車に乗せ逃げかえった。

そして街で高めのホテルに泊まりました。

ほかにも見知らぬ所に迷いこんだ事がありますが、
今日はこのくらいにしておきます。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント