【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山を登ろうとしている夢

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山を登ろうとしている夢

スポンサーリンク


日本ならどこにでもありそうな、
山のふもとに住んでいる。

山と言っても2~300mの、
近所の小学校が遠足に行くような山だ。

ご多分に漏れず杉の植樹もしてあるので、
花粉症が発症してからは、季節じゃなくても近づかなかった。

ある日、その山の夢を見た。

山の入口で、
これから登ろうとしているところだった。

目が覚めてからも、
これから登るぞー!というワクワクした気分が残っていた。

だから、次の休みに何となく、その山に向かった。

入口は我が家から500M先だ。

頂上までは林道が通っているし、
遠足で登ったこともある。

お茶のペットボトルだけ持って歩いていると、
たまたま同級生に行き会った。

嫁に行ってもう地元にはいないのに、珍しい。

地域に同い年の女子は3人しかいなかったので、
幼い頃は仲良かった。

育つに従って、
趣味の違いから疎遠になっていたが。

その子も

「これから山に登ろうかと思う」

と言う。

「なんか、夢に出てきたんだよー」

と。

夢の名残のワクワクした気分は吹っ飛んで、

「私も見た、その夢…
そこの入口で、これから登るんだー!ってワクワクしてるの」

と言うと、
相手もなんとなく嫌な顔になった。

どちらからともなく、
今日はやめようという話になった。

翌日、地域の3人しかいない同い年の女子の、
もう一人が死体で見つかった。

あの山で。

死んだ子も大人になってからは疎遠だったし、
嫁に行った子もあの後会ってないし、
夢との関連は分からない。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント