【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山中の川沿いの坂道

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山中の川沿いの坂道

スポンサーリンク


厨房の頃の話。

夏休みに遊びで、
陸上部みんなで山の中のちょっとした滝まで走りに行った。

山と言っても滝までの遊歩道がきちんと整備されていて、
獣道でも何でもない川沿いの坂道。

自分は長距離は遅かったので、
友達数人と最後尾でついていっていた。

いつの間にか前の集団は見えなくなっていた。

川沿いの道を行くと
横に小さいが橋がかかっていた。

そのまま川沿いを行くか橋を渡るか。

集団と逆の道を行けば滝を挟んで反対側に出てしまう。

そこで友達と三人(だったと思)で、
集団でも最後尾であろう奴に

『○○~どっち~?』

と大声で叫んだ。

二、三回叫んだところで、

『こっちー』

と川沿いの道の方から聞こえてきた。

その声に従い川沿いを登って滝までつくと、
陸上部の集団がいた。

さっき答えてくれたやつに教えてくれたことのお礼を言うと、
そんなことは言っていないと言う。

他の部員に聞いても誰も答えてないし、
質問すら聞こえなかったとのこと。

怖くなったが、
無事に着いたので滝に向かってみんなで

『ありがとうございましたー!』

と大声で言い帰ってきた。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント