【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山小屋のノート

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山小屋のノート

スポンサーリンク


利用者が好きなことを書き込むノートがある。

あちこちの山小屋で見かけるもので、
別段、珍しいものではない。

その日のメンバーや天気、
翌日の予定などが書き込まれることが多い。

本名を明かすことが今ほど危険でなかった頃、
何度も同じ男の名前に出くわした。

俺がノートを開く少し前の日付で書き込まれた、
その日の山の感想と末尾の律儀な署名。

1ヶ月前あたりの日付が多かったが、
前日だったこともある。

やがて、山でノートを見かけるたび、
俺は彼の名前を探すようになった。

親近感に近い感情は、確かにあった。

いつか会えるのではないかと、
そう思っていた。

それくらい彼と俺は同じ山へ行っていた。

彼の死はテレビニュースで知った。

ある山域で行方不明となり、
数日後に遺体で発見されたのだ。

俺は半月後にそこへ行く計画だった。

彼とは不思議な縁がある。

どれほど深い縁だろうか。

結局俺は、半月後の山行を中止した。

今でも、古いノートを置いてある山小屋で、
彼の名前を目にすることがある。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント