【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山沿いのわりと急なカーブ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山沿いのわりと急なカーブ

スポンサーリンク


早番のため、明け方に家を出た。

ハラシマ中ではあったが、
最低限の睡眠時間は確保していたので、
意識はハッキリとしていた。

早朝なので他の車も対向車もなく、
すいている道路をいつもどうり運転していた。

そして、山沿いのわりと急なカーブを曲がった瞬間、
首を絞められた。

自分の右手に。

慣れた通勤路だったおかげで、
無意識のうちに残りの片手でカーブを曲がりきったが、
その時ふと目に飛び込んだサイドミラーに映っていたのは、
傷だらけの電柱とそこに置かれていた花束だった。

その後は普通に両手で運転して、
何事もなく一日が過ぎた。

ちなみに後で知ったんだが、
その場所は少し前に交通事故があった。

レスキューを呼ぶほどの事故だったらしい。

詳しくは伏せるが、
いろいろ不審な点があったそうだ。

ただの偶然の一致かもしれないが、
これ以上あの場所で不幸な事故が起こらないことを祈る。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント