【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山道をドライブ中に林道を見つけた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山道をドライブ中に林道を見つけた

スポンサーリンク


友人と山道をドライブ中に林道を見つけた。

二人とも山が好きな方なので、
どちらからともなく少し登ってみようということになった。

友人は植物好きで、
何かを見つけては楽しげに眺め、
あれこれ説明してくれた。

かれこれ30分ほど登った頃、
彼が急に立ち止まった。

また何か見つけたのだろうと思ったが、
黙ったまま動かない。

彼は時々、妙な体験をすることがあるので、
何か見えたのか?などと思い、
ドキドキしながら尋ねようとすると、
それを察したかのように、
無言のまま人差し指を口に当て真顔で俺を睨んだ。

緊張しつつ友人を見つめていると、
眉間に皺を寄せて目配せをした。

『ふたつ、ふ~た~つ~』

藪の奥から間延びした小さな声がした。

友人は険しい顔をしている。

『たでる~たで~る~~』

たでる…?食べる?え?どういうこと!?

パニックで強張った俺の体を友人は無言で反転させ、
来た道を戻るよう促した。

俺は嫌な汗で背中も掌もビッショリ。

林道の入口まで声は前後左右に飛び交いながらついてきた。

人間には無理な動きだと思う。

車まで戻れた時は本気で涙が出た。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント