【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山頂の剣

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山頂の剣

スポンサーリンク


どこの地方の山にも伝説のような話は残っていて、
その中にたまに聞く話で、
山頂の剣、みたいなのがある。

ある山歩きの好きな知人が、
東北のそんなに有名でもない山で、
初夏の頃に登山に出かけた。

地元の登山家にルートを聞き、
地図とコンパスを手に半日ほどの行程だった。

仲間二人と登山道をたどって山頂を目指した。

山頂に着くと、ルートマップに無い獣道を見つけた。

知らない山で迷うのも嫌なので無視しようと思っていると、
木々の間から立て札のようなものが見えた。

文字はすでにかすれて読めないが、
その先に何かあるようだった。

好奇心から少し入っていくと、
見晴らしになっていてそこには大きな岩があった。

注連縄に柵、
あぁ、何か祭ってあるんだなと思って回り込んでみると、
その岩の上に横たわる人影。

初夏だというのに冬山装備で岩の下を覗き込むようにしている。

声をかけてみた。

「何かあるんですか?」

答えない。

近づいてみるとすでに白骨化している。

それを見て全員が思わず息を呑んだ。

遭難者は珍しくなかったが彼等を驚かせたのは、
その遺体の背中には錆びた鉄剣が突き立っていた。

急いで麓の警察に連絡。

じきに大勢の人が上ってきて現場は騒然としていた。

「あぁ、殺人事件に巻き込まれるとは…」

そう思っていると少し様子が違った。

地元の人々が、

「またか」

というような事を話している。

身に着けていた服を切り裂いて白骨体をその岩から下ろすと、
さっきは気づかなかったが、
足元に倒れていた立て札を誰かが立て直している。

「また馬鹿が触りにいったんだな」

そうつぶやくと岩を拝んで立ち去った。

立て札に目をやるとこう書かれていた。

『鬼の首落とし。立入禁止。触るな。』

いつの頃に立てられたものかは分からないが、
すでに数百年は経っているという大きな鉄剣はその昔、
この山を荒らしていた鬼の首をはねたものだという。

抜けない、切れない鉄剣。

数年に一人は犠牲者が出るという。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント