【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】山頂の古寺

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】山頂の古寺

スポンサーリンク


知人Kの話。

その寺の存在を知ったのは小学校の社会の授業で、
町の地図を見て現地まで行く、
という課題を与えられた時だったという。

Kは町の東端にある、
標高5~600mのT峰の山頂付近に卍マークを見つけ、
日曜の朝から出発した。

山道を闇雲に登って山頂を目指すという無謀な道程は、
想像以上にきつかったが、
いざとなれば野宿だ!なんて冒険気分だった。

「幸い無事に着けたが、今思えば怖いことだ」

と話していた。

古寺は荘厳で、
境内には清水の涌く水場があり、

「水を飲ませて下さい」

と声をかけると、
白い顎髭の住職が笑顔で出て来たそうだ。

訪ねた理由を話すと、
地方に伝わる昔話や寺の謂れを聞かせてくれ、
畑で採れた果物を御馳走してくれた。

帰りは近道を教わり、
スムーズに下山もできた。

Kは心地良い疲労を感じつつ、
来週も訪ねようと思った。

「最近は訪ねてくる者もない…」

と話す住職が印象的だったのだ。

野菜や水があり、
食うに困らないとはいえ、
不便なことは子供でも想像できた。

次は住職が好物と言った饅頭を持って行こうと思った。

家に戻り寺の話をすると、
父親が怪訝な顔で、

「その寺はずいぶん昔になくなり、
町にあるJ寺が代わりに建てられた物だ」

と言った。

白髭住職はJ寺の先代で、
寺の移転計画に反対だったそうだ。

結局、移転は決定したが、
妙なことに、それまでこんこんと涌いていた清水が見る見る枯れ、
住職も家移りを待たずに亡くなったという。

住職は、

「清水は山神様に頂いた大切なもの」

「昔、集落を干ばつの危機から救ってくれた命の水だ」

と彼に話していた。

Kの頭の中を住職の言葉が巡り、
訳もわからず涙が溢れた。

幽霊を見た怖さからではなく、
住職が寺を守り続ける姿勢に、
子供ながら感動したそうだ。

これは、実家が寺でもないのに僧侶になったKに、
理由を聞いた時にしてくれた話。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント