【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】年代物の桐箪笥

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】年代物の桐箪笥

スポンサーリンク


この話にはオチも何にも無い。

現在進行形でもう何代もそういうものだったから、
因果だとか禍々しい話なんてない。

俺の田舎には年代物の桐箪笥がある。

もう何代も前からそこにある、
というかなりのレアもの。

戦災にも遭わず
ただひたすら家人の衣装を守ってきた普通の桐箪笥。

同時に本当に大事なもの、
故人の形見などもそこには仕舞ってある。

その引き出しは普段は全く開かない。

鍵が付いてるわけでもない。

16ある引き出しの、
その引き出しだけが全く開かないのだ。

親戚は『サクヤサマ』がその箪笥にいると言う。

その引き出しが開くのは1月15日の一日だけ。

家人はその日を待って、
本当に大事なものや形見をそこに入れる。

カビやくすみが付く事無く、
いまもその中にはそういうものが入っている。

俺の赤ん坊のときの足形も、
昨年亡くなった叔母の形見もそこに入っている。

1月15日は頑として開かない引き出しが音も無く開く貴重な日だ。

来年もそこに納めるものがあれば
多分帰省するだろう。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント