【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】広島での体験

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】広島での体験

スポンサーリンク


僕は以前広島に住んでいたのですが、
そこに住んでいたときだけいろいろな怖い体験をしてきました。

その中でも一番怖かった話です。

確かその日は小学校の運動会でした。

父と母は運動会を見に来てくれましたが、
お昼を食べた後にすぐに帰ってしまいました。

運動会が終わったのは5時位で、疲れていたのですぐに家に帰りました。

僕の住んでいるマンションに帰ると、家の中には誰もおらず、
僕はすぐに部屋で寝てしまいました。

その後、洗面所のドライヤーをかける音で目を覚ました僕は、
母親がいる洗面所に行き、「きょうは疲れたなー」などと話をしていました。

すると、父親がリビングのほうから

「今日は外で食べに行こうか」

と言っていたので、僕は

「お腹はすいてないから寝るよ」

と言って、部屋で寝てしまいました。

そのとき、母親が小さく舌打ちしたのを覚えてます。

その後、起きたのは12時位でした。

さすがにお腹がすいてしまった僕は、リビングに向かいました。

すると、洗面所からジャージャーとドライヤーの音がしたので見てみると、
母親がドライヤーをかけていました。

3、4時間前と同じ光景でした。

僕は母親に「お母さんいつまでやってるの?」と聞くと、

「別にいつでもいいだろ、殺してやろうか」

他にも何か言っていた気がしますが、目は充血していて真っ赤で、
あまりにも怖かったので、無我夢中で家族の話し声がするリビングへ走りました。

すると、リビングは真っ暗で、テーブルに置いてある一枚の手紙に目が留まりました。

内容は半分くらいしか覚えてないのですが、こうでした。

『お帰りなさい。午前中しか居れなくてごめんね。
今日はあなたが帰って来る前に出かけちゃうから。
おやつと晩御飯はキッチンに置いとくね。お腹がすいたら食べてね。』

・・・その手紙を暗いリビングで読んだときは、死ぬほど怖かったです。

そのすぐ後に家族は帰ってきたのですが、
母親に泣きながら飛び付いたのは言うまでもありません。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】重病で入院
【ほん怖】バスに乗れない人
【ほん怖】奇妙な造りの家
【ほん怖】ほうりもん
【ほん怖】爺ちゃんの部屋でゲーム

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント