【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】従兄弟と蜘蛛

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】従兄弟と蜘蛛

スポンサーリンク


従兄弟が自殺したんだ。

難病というよりは、奇病を苦にしたものだと思う。

詳しくは書けないけど、結構レアな病気らしくて、
普通に生活出来るけど完治不可。

ビジュアル的に、人と、
特に異性とは接触し辛くなるって感じの病。

鬱気味で、酒に溺れて、
伯母一家に散々な迷惑をかけて自殺したんだ。

ウチの故郷には、

『通夜の場に、亡くなった当人が蜘蛛に身を代えて出てくる』

という言い伝えがある。

地元の人間なら、誰でも知っている言い伝え。

通夜の晩、坊さんの読経が終わり、ちょっとした挨拶が始まった時、
大きいアシダカ姐さん(アシダカグモ)が出たんだわ。

かなり大きかったんでビックリしたけど、
従兄弟が最後の挨拶に来たのかなと、しんみりした。

次の瞬間、伯母がスッと動くと素手で蜘蛛を捕獲、そのまま握り潰した。

あの時の、無表情、絶対に忘れない。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】いっちゃん
【ほん怖】調理実習
【ほん怖】幽体離脱
【ほん怖】ヤフオク

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント