【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】心霊スポットキラー

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】心霊スポットキラー

スポンサーリンク


バイク3台、車一台で有名な心霊スポットに行った。

何人も死んだとか、帰ってこなかったとか、
絶対に出るとか言われた曰く付きの場所だ。

A君は中々に肝の座った男で、
実家が首切り場の跡地に被っていて、
子供の頃、庭に桜植え様とアナ掘っていたら、
回収漏れのドクロを掘り当てたと言う、
中々無い経験のある人だ。

A君は

「18年首切り場の上で暮らしたが、幽霊なんぞ見なかった。そんな物はない!」

と言うタイプの男で、
実際、名うての心霊スポットで1人で夜を明かすなど、
“心霊スポットキラー”として有名(仲間内で)だった。

その日は何かが違って居た。

建物に入ると、
冬なのに生暖かい空気に包まれていた。

更に奥に進むと、
微かに何かの気配が…

ゴトッと言う音と共に、
女性の泣き声が聞こえて来た。

さあ、現場は大パニックだ。

恐慌を来たして皆が出口に走り出す。

流石のA君も……って、
声のする方にズンズン歩いて行く。

「おい!戻って来いよ!」

の呼びかけに、

「メソメソ泣いてる幽霊に馬鹿にされてたまるか!正体見てやる!」

と、1人奥に入って行った。

暫くしてA君が現れた。

その後ろには、虚ろな眼をした女性が…って、
普通の女の子じゃん。

聞けば、一時間程前に15人で車に分乗して肝試しに来たのだが、
物音にパニックになった一同に置いてけぼりにされたとの事。

余りにも恐くてずっと泣いてるところを、
A君に保護されたのだった。

A君は更に何に臆する事もなく探索をサクサクこなしたので、
なんか皆シラけてしまい、恐怖感も無くなってしまった…

こうしてA君は、
また1つ心霊スポットを制覇した。

因みに、置いてけぼりにされた女の子は、彼女の仲間内では、

「車に乗った時は隣に座っていたが、トンネルを過ぎれば消えていた」

「無数の白い手が彼女を掴んでいるのを見た」

など、すっかり“心霊スポットで消えてしまった人”扱いされ、
いい加減な仲間に嫌気が差し、自分達のグループと遊ぶ様になり、
3年前に仲間内のB君と結婚した。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
無題

A君とじゃないんかい!
無題

Aくんとじゃないんだ。