【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】思い出

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】思い出

スポンサーリンク


小さい頃、親父は俺が嫌いだった。

物心ついてから小学生の中学年くらいまでは、
良い思い出なんて一つもない。

俺に対して口を開けば嫌味や暴言ばかりで、

「お前みたいなカスが俺の子供であるはずがない」

が口癖。

友達を作る権利なんてないと言われ、
友達を作る事も遊ぶことも禁止。

食事中何か零したり一言でも口を開けば、
線香の火を押し付けられベルトで叩かれる。

親父の笑顔なんて一度も見たこと無かったし、
連休や休日家族で出かけたり一緒に写真を撮ったこともないし、
学校の行事にも一度だって来てくれた事はなかった。

俺もそんな親父が怖くて、
夜や休日は、風呂と食事以外ずっと部屋に閉じこもっていた。

小5~6年の頃の記憶がない。

全くない訳ではないが、家族に関する記憶が一切思い出せない。

中学に入ってからは、
親父に怯えた記憶はない所か親父との仲は良好。

連休の度遠出し、休日は家族全員で買い物やドライブに出掛けた。

昨日用事があって実家に帰ったんだが、
突然昔のことを思い出して、親父に嫌味の一つでもと思ったんだ。

昔話の一貫のつもりで話したさ。

そしたら、親父もカーチャンも目真ん丸にしてキョトーン。

はぐらかすなよwと茶化してもキョトーン。

カーチャンに至っては、

「あんなに大事にしてくれた父ちゃんに、なんてこというの!!」

とぶちギレる始末。

カーチャンが俺に投げ付けてきた二冊のアルバムには、
俺が生まれたばかりの頃から、高校を出るまでの写真がいくつも貼ってあり、
写真の大半は、親父やカーチャンと写った写真だった。

赤ん坊の俺や園児服の俺を、愛おしそうに微笑みながら抱く親父。

運動会で俺と二人三脚してる親父。

ブカブカの学ランを着た卒業証書を持った俺を肩車する親父。

どれも見覚えがないものだった。

これは何なんだろう。

ただの記憶違いなんだろうか。

もし記憶違いだとしたら、
親父や家族との楽しい思い出が一切頭から消えて、
辛い思い出に書き換えてしまった自分が憎い。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント