【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】早朝の校庭

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】早朝の校庭

スポンサーリンク


小学校4年くらいの出来事。

夏休みにジョギングでもやろうと思い、
5時頃起きて家から15分ほどの小学校まで行った。

校庭の入り口に着くと、
朝早いせいか学校全体にもやが掛かっていた。

「うわー霧がすごいなー」

とか思いながら校庭に入ろうとしたら、

「パッパー」

とクラクションが鳴った。

俺はびっくりして足を止めた。

んで、よーく目をこらすと、
20メートルほど離れた所に(校庭の中)、
一台のバスが停まっていた。
(正確にはバスと思われる影、形)

「は?バス?なんで?」

と思った。

なぜなら校門は閉まってるし、
バスなんか通れる所ないし…
なんなんだろー?と不思議に思いながら、
再度校庭に入ろうとする。

で、一歩足を踏み入れた瞬間に、
何故か目の前の影がはっきりとバスだと判った。

そして、それがヤバイ事も判った。

俺は一目散に逃げ出した。

だって見えたんだもん。

すごい薄汚れたバスの中から何十本も伸びる腕が。

そしてその腕が全部手招きしてるのが。

もう25年ほど前のお話です。

拍手[2回]