【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】暗闇に人影のようなものが見えた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】暗闇に人影のようなものが見えた

スポンサーリンク


前に某フィールドで夜戦をしているとき、
暗闇に人影のようなものが見えたのでとりあえず撃った。

がしかしHITコールがない。

何回撃ってもHITコールがなく、
その人影は動かない。

近づいてみると、それは墓だった。

墓の周りは草ボウボウで、
何年も掃除をしてない様子だった。

無縁仏だったみたいだが、
さっき撃ったところでは明らかに人の形をしていた。

かなりびびったのでその場から離れようとしたら、
金縛りで足も手も動かない。

声も出ない。

そして背後に何かの気配が。

その気配はどんどん俺に近づいてくる。

そして真後ろまで来た。

そしてそれは耳元でこういった。

「何しに来た・・・ここは俺の場所だ・・・」

その瞬間後ろから何かに突き飛ばされ
1メートル以上吹っ飛んだ。

金縛りは解けた。

「ウワーーーーーー!」

と叫びながら夜の森を走った。

そして敵にHITされた。

あとで仲間に聞いてみたが、
誰もそんなことはしていないと言う。

仲間にさっきあったことを話すと、

「今日はもう終わりにして帰ろう」

ということになったので帰った。

そのまま家に帰ったが怖くて寝付くことができなかった。

そして次の日の朝、
朝風呂に入ったとき俺は気づいた。

背中にデカイ手のあとが赤く残っていた。

手のひら、指の跡まで綺麗に・・・・

その手のあとは一週間消えなかった。

俺の仲間はその次の月に、
そのフィールドでサバゲをしたらしい。

昼間だったが俺は参加しなかった。

夜戦の時にいた友人とその仲間が墓を探したが、
見つからなかったそうだ。

あの声の主は?あの墓は?

今ではそれもわからない。

拍手[1回]