【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】最後の一線

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】最後の一線

スポンサーリンク


俺が高1の時の話だ。

この頃はもう両親の関係は冷え切ってて、
そろそろ離婚かな?って感じの時期だった。

俺はと言えば、グレる気にもなれず、
引き篭り気味の生活を送ってたっけ。

授業が終わると、
真っ直ぐ家に帰って自室に直行。飯も自室で一人で食ってた。


でだ、見ちまった。

母親が夜中に、
庭の立ち木に何かを打ち付けているのを。

・・直感的に、親父の藁人形?と思ったが、
その場では確認しなかった。

っちゅーか動揺しちまって、
こそこそ逃げ帰るように自室に戻った。

見たくないモン見ちまったな・・・ってのが、
この時の心境を一番良く表していると思う。

その時は確認出来なかったけど、
動揺が収まるにつれて、
気になってしょうがなくなって来る。

あれは親父の人形なのか?が・・・

で、母親が留守の間を見計らって確認する事にした。
(やめときゃ良かったのかもネ)

結論から言うと、親父の藁人形は有った。

より正確には、親父の藁人形も有っただが・・・

いや出るは出るは・・

親父の他にも俺の担任、親戚の叔母ちゃん、近所のオバはん、
同級生の母親(なのかな?)・・・ダンボール箱半分くらい有った・・・

釘と名前を書いた札が刺さってる藁人形が・・・

「なにやってんだよカアちゃん・・・」

と、つぶやいたかどうかはあいにく記憶に確かではない。

そう思っただけで、
実際には言葉になってなかったのかも。

頭の中が真っ白になっちまって、
ボーッとしてただけかも知れない。

この時もやっぱ、
見付からないように片付けると、
こそこそ自室に逃げ帰ったっけ。

しばらくは呆然としてたと思うんだけど、
少し時間がたつと、
なんでか知らんが笑いが込み上げて来た。

ヘヘヘッ・・から始まった笑いだったが、
最後の方は大爆笑になってた。

笑いが止まらなかった。

もしも藁人形の中に俺の名前が有ったとしたら、
この時俺は笑い死にしてたかも知れない。

「カアちゃん!
最後の一線踏み止まってくれたおかげで、
アンタの息子は笑死しないで済んだよ!
アンタの中の一片の良識に感謝したい!」

ああもう何ちゅーか、
色んな事がもうどうでも良くなっちゃた1件だった。

俺なんかがアレコレ悩んだり心配したりしてたって、
現実はそんな杞憂の遥か上っちゅーかネ!

俺のちっぽけな世界観を粉砕するには充分過ぎる出来事だった。

人間ってのはよく解からない生き物だとも思った。

もうね!

変な幻想なんか見ないで、
即物的に生きるのが一番だと思った。

腹が減ったら飯食って、疲れたら寝て、
飯と寝床の為に機械的に働いて・・動物みたいに・・

・・だのに、なぜだかこんなところに書き込んでる自分がいる。

ほんと人間ってのはよく解からない。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント