【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】東北のとある田舎の神社

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】東北のとある田舎の神社

スポンサーリンク


昔介護施設に勤めてて、
そこに入居してたばーちゃんに聞いた話。

うろ覚えだしよく聞き取れなかったとこもあるので、
わかりにくかったらゴメン。

ばーちゃんの母方の実家は、
東北のとある田舎の神社だそうな。


第二次世界大戦中、
どういう経緯かはよくわからないが大怪我をした兵士が数名運ばれて来て、
神社の離れに収容された。

若かりしばーちゃん含めお世話を手伝ってた人は、
数日で亡くなるだろうと思ってたが、

ばーちゃんのじーちゃんだけは、
大丈夫大丈夫って余裕だったそうだ。

そしてじーちゃんの言葉通り、
一ヶ月もすると全員が綺麗に傷も治り後遺症もなく元気に帰って行った。

後日、兵士たちの家族がお金やらなんやらお礼を持って来たが、
じーちゃんは、それらは受け取れないが代わりに、
油揚げ一枚と、神社の近くの山に苗木を一本ずつ植えて欲しいと言ったそうな。

理由は、木を植えて動物を守ることが
狐様への何よりのお礼っていう解釈をしてたんだろうってことだ。

他にもいろいろ不思議な話を聞かせてもらって
面白いばーちゃんだった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント