【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】死にたくない

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】死にたくない

スポンサーリンク


これは、オレが釣り場の漁師さんから聞いた話なんだが。

かなり昔の夏の海で起こった、
不思議な出来事。

○○内海の島で釣りをしている人が三人いたそうだ。

まだ携帯電話がそれほど普及していない頃なのだが、
それでも三人のうち一人が携帯電話を持っていたそうだ。

三人は夜通し釣りをしていたが、
潮の流れが変わり一人を残して二人が移動した。

歩いて十分ほどの場所で再び釣りを始めた二人。

電気浮きを流れに乗せては釣り流していると、
波間に浮かぶ人影らしきものが見えたそうだ。

「ゴミかな」

最初は何か大きなゴミが浮かんでいる程度にしか思っていなかったらしいのだが、
雲の切れ目で月明かりが照らされたとき、はっきりと見えたそうだ。

「おい、人だ!人が浮かんでるぞ!」

釣り人が水死体を見つけるのは良く聞く話でもある。

なんせ海で釣りをしているのだから。

二人は息を飲み近寄ったが、
波間の岩陰で手を上げていた。

「よかった、生きている」

水死体を誰も好んで見たいとは思うヒトはそうは居ない。

二人は生きている事にホッと胸を撫で下ろし、
すぐに駆け寄った。

「大丈夫か?」

見ると、ライフジャケットを着ている釣り人だった。

「良かったな、ライフジャケットがなかったら、アンタ死んでたぞ」

一人が抱え上げ、ずっしりと重い体を岩に持ち上げ、
一人は急いで携帯電話を持つ釣り人の方へ連絡をしに行った。

「…生…きたい………し…死…にィ…た…くない」

今にも倒れそうな釣り人を、
一人が支え必死に励まし続けた。

「頑張れッ!、今、連絡をとったから、すぐに助けが来るぞ」

かぼそい精気の無い今にも死にそうな声で、
死にたくないと繰り返すだけだった。

すぐに連れの二人が戻り、
海上保安庁の巡視艇がくるまでずっと三人で励まし続けた。

「死…に…た…くない」

二船の巡視船が駆けつけ、
収容した釣り人と共に一人は巡視船に乗せられた。

帰還する巡視船の中で、
一人付き添いで乗せられた人が言われた。

「あんた、良く抱いてられなあ。
普通は気味悪がって近寄らないから、
また流されて探すのが普通なんだよ」

「え…」

最初、何を言われているのか訳が判らなかったが、
船場基地の港で下ろされる、
自分が助けたと思っていた釣り人は、
黒いビニールに入れられて運ばれていた。

「…」

その時もまだ本当の意味が判らなかったのですが、
後から聞くと、発見時は死後二日以上たっていたそうな。

その後のニュースでは、
四日前から消息不明になっていた釣り人だった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント