【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】母はストーカーされていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】母はストーカーされていた

スポンサーリンク


母は36歳の時に病死したのだけど、
一年ほどある男性からストーカーされていたらしい。

当時は知らなかったのだが勤務先の取引先の人だそうで、
父が不在の時や出稼ぎで二ヶ月留守にしている間に、
家に押し入ったりとかなり激しかったらしい。

当時はストーカー規制法なんかないし、
押し入られるまで警察も動いてくれなかったんだって。

確かに小3の頃父の不在時には、
弟と3人で叔母の家に身を寄せた時期があった。

私は従兄弟と遊べるから楽しいとしか思ってなかったけど。

警察介入して、
母の職場から相手の職場と本人にも圧力がかかったため、
諦めてくれ一件落着かに思えた。

それから一年半後、病で母急逝。

葬儀や49日その他を終え、
お骨を骨壷から出して袋に入れるため墓を開けると骨壷が空っぽ。

警察入って捜査したら、
ストーカー男の指紋が墓石にベッタリですぐに逮捕された。

骨は半分は男の自宅に保管され、
半分は食べたのだそうだ。

父の激怒ぶりといったら手を付けられず、
裁判したりなんだりでもう1年修羅場が続いた。

拍手[1回]