【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】深夜残業や徹夜を繰り返してると起こる現象

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】深夜残業や徹夜を繰り返してると起こる現象

スポンサーリンク


深夜残業や徹夜を繰り返してると起こる現象。

仕事中、睡魔に襲われて、
つい小一時間ほど居眠りをしてしまった。

「納期は間近なのに何やってるんだ俺は!」

と自分自身を責めてみたのだが、
作成中だった仕様書がいつのまにかできている。


「おお!知らない間に仕事が片付いている。どうしたことだ?」

とビックリ。

そして、同僚や先輩から以前聞いた『小人さん』の話を思い出した。

自分の知らない間に仕事が片付いているのは、
『小人さん』の仕業だという。

一見、仕事のできは良さそうに見えるが、大抵いいかげんで、
仕事のやり直しを余儀なくされるので、
『小人さん』の仕事は信用するな、と冗談交じりいわれた。

でも、見直してみると、
なかなか良い仕様書ができあがっていたりする。

自分が作るよりいいのでは?(笑)

その後、もう一度同じ現象に遭遇した。

今度はいいかげんな出来で、
仕様書を一から作り直した(泣)。

「小人さんよ~、いらんことするなよ~」

多分、居眠りをしてても潜在意識の中で

「仕事をしなくちゃ。納期に間にあわさなくちゃ」

と強く思ってて、
無意識に自分でやってるんでしょうね。

一度目の仕事のできが良かったのは、
追い詰められての火事場のクソ力かもしれない。

でも、はっきりとはこの現象の正体はわからない。

システム開発をやっているSEやPGにはよくある話。

どこの職場に行ってもこの手の話を聞く。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント