【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】玄関の前に大きな石が置いてあった

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】玄関の前に大きな石が置いてあった

スポンサーリンク


俺の幼い頃の体験なんだけど、
昔住んでいた田舎の家の前が凄い登り坂でさ。

その坂の途中に、
昔は大地主だったという横○さんて人の豪邸ていうか旧家があったんだ。

その庭がまた広いんだけど、
玄関の前に庭石だろうけど直径2m位の大きな石が置いてあった。

ある日の夜の事、
俺は(幼稚園入園前の幼児)は母親に手を引かれ、
多分買い物だったろう。

当時は街灯も無く真っ暗な坂を登ったんだ。

そして横○さんの家の前を通る時、
門からその石が見えたんだ。

当時は幼かったので妙だとか恐いとかは感じなかったが、
その石は真っ白く発光してた。

月夜ではなかったと思う。

辺りは真っ暗なのに石だけが光ってたんだ。

そして腕?っていうか、違うな。

ひれみたいに平たい箇所を振り上げて、
体(石体?)に打ちつけていたんだ。

その時にポーンていう甲高い音がするんだけど、
2~3回繰返してたかな。

俺はこれを母に告げて、
あれ何?って指差すんだけど、
母は知ってか知らずか何も喋らず、
俺の手を引きながらその場所を通りすぎたんだ。

母の表情は暗くて判らなかった。

その後、間もなく引越したので、
その場所を通る機会は無くなったけど、
最近、機会があってその場所を通ったんだ。

だけどその坂は無くなって平坦な道になり、
そのすぐ先の高架橋を立派な道路が横切って走り、
横○さんの家も今風の建物に建て替えられて、
当時の面影は全然残っていなかったな。

今でも時々思い出すんだ。

あれは一体何だったのだろうかと。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント