【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】田舎の豪雪地帯

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】田舎の豪雪地帯

スポンサーリンク


三歳くらいの時の話。

当時(今もだけど)結構田舎の豪雪地帯に住んでて、
だいたいの家は田舎特有の?でかい土地や山を持ってるんだ。

で、うちも山持ってて、
冬になると木に絡まってる蔦を切りに家族総出で山に入る。

当時の俺も一緒に山に入って、
ハイキング気分ではしゃいでたんだ。

でもしばらくして飽きちゃって、
どんどん山奥の方に入ってっちゃったらしい。

気づいたら家族がいなかった。

けど不安とかは一切なくて、
むしろ真っ白な景色の中に足跡つけたりするのが楽しかった。

で、遊んでたらいつの間にか目の前に、
凍ってうっすら雪が積もった川があった。

川幅は子供の感覚だからイマイチわかんないけど、
ちょっと頑張ったら簡単に越えられそうなぐらい。

川の向こうには、多分直径2mぐらいの馬鹿でかい樹。

立派で、神社にあるようなしめ縄がまわしてあって、
自分と同じぐらいの太さの蔦が数本巻きついてた。

イメージはご神木。

そこで、この蔦を切ってもらった方がいいかな?って、
蔦切りにきた事を思い出して家族のところに戻った。

少し走ったらすぐ会えた。

だけどもう帰るって言われて、
樹の事を報告するのも忘れて帰った。

小6ぐらいになって、
父さんと話してたら蔦切りの話になったから、
そういえば…って何気なく言った。

だけど

「うちの山は川なんてないし、そんな大きな樹もない」

って言われて、じゃああれは何だったんだ?って体験です。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント