【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】異変

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】異変

スポンサーリンク


俺の実家は両親と弟が住んでて、俺は盆とか正月になると毎年帰ってた。

ある年の正月。いつもは車で帰るけど、車の調子が悪くなり、電車で帰る事にした。

着いたのは車の時よりずっと早い時間で、昼過ぎだったと思う。

駅から徒歩15分位離れた住宅街に家はあったので、のんびり歩きながら帰った。

年に数回帰ってるため、景色はそう代わり映えしなかった。

家に着いて、インターフォンを鳴らして、扉が開くのを待った。

鍵は持ってたけど、家には家族がいるはずだったから。

『はい』

インターフォンからは聞きなれない声。

あれ?そう思ったけど、とりあえず

「ただいま、俺」

そう答えた。

『どちらさまですか?』

今度はインターフォン越しでも分かった。

他人の声。

そのまま数歩下がり、門扉の表札を確認した。

『○○』

俺の苗字は『△△』。

聞いてるかはわからなかったけど、玄関に向かって

「すみません!」

そう叫んであわててきた道を戻る。

わけが分からないまま駅に戻り、携帯から弟にかけた。

そしてそのまま、今駅に着いたけど、
疲れて家まで帰れないから迎えにきてくれるように頼み、駅で待った。

10分もせずに弟の車がロータリーに入ってきて、
そのまま車に乗って実家まで戻った。

車は俺のよく知る道を通り、実家に着いた。

さっき歩いた道は何故か思い出せなかったけど、
間違っていたことだけは分かった。

赤ん坊の時から暮らしていた家を間違えたなんて馬鹿なこと弟にも言えず、
そのまま正月を過ごした。

正月休みも終わり、俺は大学に行った。

友達のAを見かけて声をかけた。

相手は不思議な顔をしてそのまま通り過ぎる。

しばらく歩いていると、後ろから声をかけられた。

顔を見るとAだけど、さっき俺が声をかけたのAの顔じゃない。

というより、さっき声をかけた相手がAじゃないと気づく。

全然、似てさえもいなかった。

俺は入院した。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】右側に出る
【ほん怖】じいちゃんが亡くなった時のこと
【ほん怖】足の無いおじちゃん
【ほん怖】弊害
【ほん怖】親戚の葬式

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
無題

解離性遁走?
若年性認知症?
逆行性健忘症?