【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】異次元

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】異次元

スポンサーリンク


母が幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。

1番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りていくと、
一階の団地の入口に見知らぬオバサンがいた。

その団地には、
郵便受けが並ぶ壁の向かい側に共用の手洗い場があり、
オバサンはそこで水を流してなにやら作業をしていた。

しかしなんだか様子がおかしい。

そのオバサンが異様に小汚く、
紺色のモンペを履いていたらしい
(当時既にモンペを履く人などいない)。

母が挨拶をしても返事もせず、
母達を見ようともしない。

母達は不審に思いながらも、
オバサンの後ろをすりぬけ外へ出ようとすると、

「もどれ」

オバサンが無愛想に言ったらしい。

そこで母がもう一つの異変に気付いた。

その頃はまだどの家も、
玄関のドアを開けっ放しにしていた時代。

階段を降りてくる時も、
開いたドアから物音や子供の声が聞こえていたのに、
その時は何の物音も聞こえなかったらしい。

母達が立ちすくんでいると、

「もどれ!!!!」

凄い声で怒鳴ったそうだ。

恐ろしくなった二人は、
手を繋いで4階の自宅まで駆け上がったが、
やはりさっきまで開いていたドアが、
どこも閉まっていたらしい。

二人は無事に家に帰り、
家にはなんの異変もなかったらしいが、
あまりに不思議で恐ろしかったせいか、
伯母と母は大人になるまで、
一度もその話を口にしなかったそうだ。

なんだか文章にするとたいした事ないけど、
子供の頃にこの話を聞かされてとても恐かった。

母は、

「異次元(母はそう言う)に行ったら、とにかく元にいた場所に帰りなさい」

と、幼い自分によく言っていた。

こわいよカーチャン(´;ω;`)

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント