【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】病院の厨房で働いていた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】病院の厨房で働いていた

スポンサーリンク


五年前一緒に働いていた友人の話。

当時かなり大きな病院の厨房で働いていたんだが、
早番(といっても夜中3時くらいの出勤だった)の為に一人で厨房にいた。

その友人は、まだ早い時間だから一服しようと喫煙所に行こうとした。

その当時厨房は地下にあり、右隣に霊安室、正面に売店があり、
真上の一階には救急病棟があった。

友人はコーヒーでも買おうと、
売店の横に設置してある販売機に向かった。

すると真後ろから

「ねぇねぇ」

と、か細い声が聞こえてきた。

夜中3時だし人なんているはずない…

そう思い恐る恐る振り向いたんだ。

するとそこに、
二十代位の女の子が立っていた。

立っていたんだが…
見るからに異常だった。

頭が陥没し服はボロボロ。

血まみれだった。

友人はその場に腰を抜かしてしまった。

何か女の子が呟いている…

友人は聞き取ろうと必死に耳を傾けた。

「…コはどこですか」

友人は泣きながらも耳を傾け続けた。

するとだんだん聞き取れるようになってきた。

「…バコはどこですか」

友人は震えながらも勇気を出して聞いて見た。

「何ですか?」

「タバコはどこですか」

友人は、虚ろな目をしている女の子が
タバコを求めていることを知った。

するとさらに、
後ろから看護師と医者が走ってくるのが見えた。

「○○さん!勝手に居なくなったらダメでしょ」

と看護師に抱えられ連れて行かれた。

あとで知ったことだが、
女の子は交通事故に遭い救急病棟に運ばれたんだが、
一瞬目を離した隙に起き上がり居なくなったらしい。

友人は

「本当に怖いことがあったら声さえでない」

と、その後出勤した私に語った。

あとこれはその友人には言ってない話なのですが…

その二時間位後だったと思う。

「○○ちゃん○○ちゃんお願い目を覚まして」

と泣き叫ぶ母親らしき人と、
霊安室に運ばれて行くご遺体を目撃しました。

友人は女の子と話した最後の人だったんだなぁと…

拍手[2回]