【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】病院の喫煙スペース

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】病院の喫煙スペース

スポンサーリンク


入院してた時の話。

俺、喫煙者なんだよな。

でさ、その病院は喫煙スペースが地下にあって、
ガラスで仕切られていてエレベーターホールが一望出来るところ。

んで深夜、一服したくなり、
そこへ行ったら先客がいた。

いつも顔を合わす人でさ、
いつものように雑談してた。

ほしたら、エレベーターが下りてきた。
さっきまではその人が入院している階に停止してたんだよね。
(なぜかそれだけははっきりと覚えていた)

エレベーターがうちらのいる階へ降りてきた。

扉はまだ開いてない。

「ねぇ、このエレベーター、誰もいなかったら怖いねぇ」

と話しかける。

「そうですなぁ、イヤですなぁ・・・」

って返事。

扉が開いた。

よかった、人間だ。と思って見てたら、
医師と看護婦と家族らしき人とストレッチャーが。

ストレッチャーを見ると顔に白い布がかけられてて、
あぁ、亡くなったんだな・・・と思って家族らしき人を見ると、
「????」ってなった。

だって、その家族、
俺の向かいでたばこ吸ってる人の家族だもの・・・

その人の病室へ遊びに行った時、
いたから顔は覚えてたんで。

頭が???の俺はその人に、
ねぇ、君の他に身内さんが入院してたの?と言おうと視線を変えたら、
いないんだよね・・・

「え?」

と思った俺はあたりをよく見る。

その人はいない。

もしや・・・と思ってたばこを灰皿に入れ、
家族らしき人へ駆け寄る。

「あの・・・●●さんですよね?」

「あ、あなたは・・・そ、そうなんです。ついさっき亡くなりました・・・・」

こういう事があって、
それ以来、俺は霊魂の存在を信じるようになった。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント