【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】発狂寸前

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】発狂寸前

スポンサーリンク


知り合いの話。

彼は極端に怖がりさんだったが
霊感は持っていなかった。

ゆえに見た事はそれまで無かったらしい。

仕事でホテルに宿泊。

疲れ切っていたのに眠れずゴロゴロしてたら、
なにか不審な音がドアからする・・・

と思ってたらお出ましになったそうな。霊が。

一気に恐怖の臨界点を超え
裏返って逆ギレを起こした彼は、

「てめ~!かってに入ってくんな!ぶっ殺す!」

と叫んだらしい。

もう死んでることに気づいて、

「もう一度死なす!」

と言い添えたらしい。

恫喝のおかげで霊は消えたらしいんだけれど、何が怖いって、
恐怖が裏返っちゃった彼は、何故か冷蔵庫の中身を全部引きだして、
風呂で手を洗いまくり、ドアを出て廊下を往復。

この間心の中では

『何やってんだろう俺。このまま狂っちゃうのかな』

と冷静に自分を観察してたらしいけれど・・・

意味の無い行動を繰り返したらしいです。
(取り憑かれたとかとは違うらしい)

ちなみに彼が見た事もないのにソレを幽霊と認識したのは、

*怖がりなのでドアは鍵とチェーンを何度も確認済み
*風呂のドアを開けて電気はつけっぱ(間接光として利用したらしい)なのに、
モノクロの人物で左右がずれていたとか。

しかし1週間くらいはなんとなく見た物を憶えていたんだけれど、
もう今では全然映像としては思い出せないらしく、
脳から勝手にデリートされた状態w

発狂寸前からどうやって逃れたのか聞いたら、
廊下往復のあと部屋に入ろうとして、
開けっぱなしのドアにしたたかに肩をぶつけて、
痛みに我に返ったと。

モチロン朝まで眠れなったらしいが。

・・・・幽霊も怖いが発狂も怖い。

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント