【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】登山グループの一行

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】登山グループの一行

スポンサーリンク


以前勤めていた会社で、
年配の女性社員の方から聞いた話。

その人が若い頃のことなので、
今から数十年も前のことなのですが。

休暇で友人と旅行に行ったときに、
ある登山グループの一行と出合ったそうです。

一行は7人(ちょっと記憶が怪しいです)の若い大学生のグループで、
そのうち女の子が1人だけ居たそうです。

登山グループと女性社員のグループは電車の席が隣り合わせになったので、
しばらく楽しく談笑したり、お菓子を上げたりして過ごし、
降りるときには

「じゃあ気をつけて行って来てくださいね」

と、明るく手を振って別れたそうです。

それから1週間ほど過ぎたとき、
テレビで大学生の登山グループが山に入ったまま予定日を過ぎても帰って来ない、
連絡も取れなくて、遭難した模様だというニュースが流れたそうです。

女性はニュースを見て、
すぐに「あの子達だ!」と思ったそうです。

グループの構成人数も、日にちも、向かった山も全部一緒。

電車で一緒になったあの子達が遭難したなんて・・
と信じられない気持ちだったそうです。

どうか無事に帰ってきて欲しいと願ったそうですが、
残念ながら2,3名がかろうじて救助されましたが、
他の方たちは全員山で亡くなったそうです。

「それが妙なのよね」

とその女性が言うのが、
どうしても亡くなった人たちの顔が思い出せないそうなんです。

電車では1時間半ほど隣り合わせて座って、
見知らぬもの同士だけど、
ずっと楽しく会話していたのに、
まったく顔が思い出せない。

7人グループで女の子が1人、
そのうち大人しそうな子が1人居て、
その人が女の子のリュックを網棚に上げてあげてたら、
他の子たちからヒューヒュー言われて真っ赤になってたとか、
些細な事もみんな覚えているのに、なのに顔がどうしても思い出せない。

女の子も、その子も亡くなったそうなのですが、
髪が長かったか短かったかさえ思い出せない。

それが自分だけじゃなくて、
一緒だった友達も同様で、
まるで顔が無いように、
どうしても亡くなった人たちの顔が思い出せなかったそうです。

「たいして日にちも経ってないし、
1時間半も隣り合わせていたんだから、
1人くらい顔を覚えていても良さそうなもんなのに、
誰の顔も覚えてないのよ。
友達とも『どうしてだろう不思議だね』と言ったんだけど、
こんなこと初めてよ」

と言ってました。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント