【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】白い人

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】白い人

スポンサーリンク


うちは父方の爺ちゃんが出雲地方の神主の家系なんだけどさ、
やっぱそのせいか子供の頃によく白い人を見ていた。

初詣とか行くとさ、
皆本殿に向かうじゃん。

あれがとても不思議だったわけ。

俺は大木の上からそれを見下ろしている白い人を見上げて、
こっちに白い人がおわすのになんで皆本殿に行くんだろう、
と思ってた。


神社以外でも、
飛行機から山脈を見下ろすと白い人がポコポコ座ってるのが見えたな。

何もない山も多いんだけどね。

春になると、
小さな草花の一つ一つに小指の先くらいの白いお爺ちゃんとかが座ってて、
俺と目が合うとにっこり笑って、
口許に指当ててしーってすんのな。

だから俺は

『ああ、皆見えてないし見たことを言ってもいけないんだ』
と思って、笑い返して誰にも言わなかった。

不思議なことは多かったけど、
大人になるにつれそれらの優しい白い人を見ることもなくなった。

で、普通の大人になったんだが、
数年前に健康作りの為に早朝のウォーキングにハマってた時期があったんだが、
毎日同じコースをただ歩くのも飽きて来たんで、
寺社仏閣巡りしながら歩くことにした。

いま川崎の住宅地に住んでるんだが、
近所の神社の御神体の鏡が朝日にさらされる様子も見れたり、
まあ結構得した気分になれた。

ある日いつも登ってる小高い山を違うルートで下りた際、
今まで気付かなかった小さな神社を発見した。

そこは麓に近い本当に小さな神社で、
崖に囲まれた少し開けたスペースの隅に祠がある程度の造りだった。

合戦で亡くなった両軍の兵士と弁財天と水神を奉っているところらしい。

大正時代に干ばつがあった際は
土地の名士の息子がそこに三日三晩篭って雨乞いをして、
見事水神の加護があり雨をもたらしたこともある、
そんないわれも書いてあった。

篭るったって社もないのにどこにだよwって思ってたんだが、
お参りした祠の裏の崖に、
入口は狭いが奥行はかなりありそうな洞窟があったんだ。

多少気が引けたが、
好奇心に負けて祠の裏手に回って奥を覗いて見た。

洞窟の内部は澄んだ水で満たされていた。

池みたいな感じな。

早朝ということもあってか奥の方は暗くて、
どこまで続いているのか分からない。

真夏なのにそこだけひんやりと冷たくて、
ダラダラかいてた汗が引いて来るほどだった。

あー、奥まで見えないし結構深い水みたいだから入れねーな残念、帰るか、
みたいな気分になってたら、
奥の方からゆっくり泳いで来る白っぽい影に気付いた。

俺のいる入口付近まで泳いで来たのではっきり見えたよ。

それは大きな白い鯉だった。

鯉に詳しくないからよく分からんが、
俺は白い鯉を初めてみたんでつい見とれた。

そいつは頭を俺の方に向けてピタッと動かなかった。

あーやっぱ水神→竜神→鯉なのね、
なるほどとか思いながら俺もじっと見てたのね。

だんだん、一旦引いた汗がまた体中から噴出して来た。

今度は暑くてかいた汗じゃなくて、
冷や汗とか脂汗みたいな感じ。

体温がどんどん下がっていくのが分かった。

その場所には、俺と鯉の他にももう一対目があると感じた。

頭上に視線を感じたんだ。俺を真直ぐ見下ろすような形で。

酷くいやな感じだが顔を上げて見た。

そしたら崖の上の木々の間に、
真っ白い和服を着た女の人が立っていてこっちをジッと見てたんだ。

顔は長い髪で隠れていてほとんど見えなかったけど、
おばさんかお婆さんみたいな感じだったよ。

ヤベエ、祠の裏手に回って洞窟覗いちゃったから怒ってる?

俺、一応いい大人なんで、
その付近の住民の方かと思って思わず「すいませんっ」って頭下げて謝って、
その場を離れた。

超速い競歩スタイルで。

でもおかしいよな。

早朝五時だぞ?

崖の上はほぼ直角に近い急斜面だし、
和服みたいな動きづらい格好でそこにいれることがまずおかしい。

それに年配の方っぽいから和服はまあ有り得るけどさ、
なんで着物も帯も真っ白なんだよ?

あの洞窟の鯉みたいだな、白い人。

全身が粟だった。

もしかして俺また白い人見ちゃったのかな?

素晴らしいスピードで家まで帰ったので、
その日の消費カロリーはなかなかのものだったと思う。

白い人…白い人…白い鯉…ずっとそんなことを考えていたが、
とにかく凄い違和感があった。

俺は純粋に恐ろしかった。

あの白い人は、
俺の知っている白い人と全く異質な存在だった。

俺の昔見ていた白い人は呉服なんか着ていなかったし、
威厳や畏怖を感じることはあっても、
あんな体の芯から冷たくなるような恐ろしさを感じる存在じゃなかったからだ。

まあ特にオチはないんだが、
それきり俺はウォーキングをやめた。

もうその山に近付くことは出来ない。

川崎の久慈神社のある山の麓の洞窟だ。

知ってる奴がいたら情報キボン

お陰で今はあの頃よりは微ピザっている。

多分白い鯉の化身の呪いだと思う。

因みに、
爺ちゃんは俺生まれてすぐ亡くなったんで
白い人の話は聞けなかった。

爺ちゃんは入り婿で、
生家は結構でかい神社だったらしいけど、
そっちの親戚とは家庭の事情で会ったことないから、
白い人について聞くことは出来なかった。

親父は全く見えない人だしw

ただ俺は父方の先祖の血が濃いらしくて、
子供の頃は、父方の祖母の祖先の記憶みたいなもんも
ぼんやり受け継いでる変な子供だった。

今はただの人だけどな。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント