【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】白い顔

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】白い顔

スポンサーリンク


釣りをしてはいけないという、
伝えの残る沢での話。

そこで釣りをした叔父いわく、
そこほど岩魚がたやすく釣れる場所は無いという。

えさをつけて投げ入れるだけで必ず釣れる。

しかし、そこほど恐ろしい場所も無いという。

向かいの川辺から、
何人もの獣じみた目をした白い顔がこちらを見ているのだという。

気にしない振りをして釣りを続ける。

家路につくころには、
白い顔は殺気をあらわにして、
いよいよ獣じみてくる。

さてそろそろかと思い、
叔父は家路に着くという。

恐ろしいことはないのかと叔父に尋ねると、
叔父いわく、

「恐ろしいが、白い顔の連中が、里の近くまでついて来るだけだ。
なんの悪さも祟りも無い」

叔父は今でもそこに通っているが、
今ではあまり白い顔の人たちは見ないという。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント