【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】碁仲間

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】碁仲間

スポンサーリンク


去年、祖父が団地の階段から落ちて亡くなった。

みんな泣く暇も無いくらい慌てて通夜やお葬式の手配をしつつ、祖父の友達に連絡をした。

祖父は囲碁が生きがいみたいな人で、碁仲間が沢山いた為、私は碁会所に電話をかけた。

すると、電話を取った人は笑いながら、

『嘘だ。だって○○さん(祖父)、今そこで××さんと打ってるよ』

と言って信じて貰えない。

とにかく

「本当なんです」

と説明して、一度電話を切った。

その後、通夜とお葬式には多くの碁仲間が来て下さった。

みんな口を揃えて、

「○○さんは確かに碁会所に来た」

と言う。

そんなはず無いのにと碁仲間の人達と話していると、
電話の時に打っていたという××さんが話に加わってきて、

「そういえば○○さん、今日は妙な事言ってた。
俺が途中で降参するのはいつもの事だけど、その時に『最後まで俺の勝ち越しだ』って。
『まだ勝ち越しと決まったわけじゃねぇ』って言い返して、一端トイレ行って、
戻ったら○○さん、どこにもいなくなってた」

と語った。

亡くなった日、祖父は××さんと打つ約束をしていて、
それで碁会所に出かける途中で階段から落ちたらしい。

囲碁を打っていれば食事も忘れるような人だったから、
死んでまで対局の約束を果たしに行ったんだろう。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】ここにいる理由
【ほん怖】不良グループのリーダー
【ほん怖】暴走族を辞めた理由
【ほん怖】勇気が出ました
【ほん怖】目撃者

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント