【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】神宮前駅

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】神宮前駅

スポンサーリンク


これは熱田神宮のすぐ傍にある神宮前の駅で、
父が高校生の時に実際に体験した話です。

夕方、父が友人の家に泊まりに行こうと、
車の通行量が多い道をの傍を自転車で走っていると、
急に周りの音が遠くなって、
気がつくと両側が石垣の坂道を自転車で下っていたそうです。


父はこの話以外にも昔から不思議な体験をしているので、
その時も「何なんだろう」としか思わず、
そのまま坂道を下り終わって、
あたりを自転車で散策してみたそうです。

この時、何となく地面に足をつけてたらいけない気がしたので、
一度も自転車からは降りなかった、と言っていました。

それで、坂道から少し行くと
商店街のようなところに行き着いたのですが、
その商店街には人がひとりもおらず、
雰囲気がまるで昭和初期のような感じだったそうです。

それで、しばらくまた散策を続けていると、
瓦屋根の建物が遠目に見えたそうです。

木の板に墨で何か書かれているようだったので、
近くに寄ってみると、
『神宮前駅』と達筆な字で書かれていたそうです。

小さな明かりが二つほどついているだけで、
何て書いたらいいのかわからないのですが、
父はこれを見て何となく「昔の神宮前駅だ」と思ったそうです。

最初に、足をつけるといけない気がしたので、
中に入って確かめる気も起きず、
とりあえず熱田神宮に向かったそうです。

街並みも道も昔のようで、
なんとなくこっちにあるという勘で自転車を走らせていたら、
急に光があたりを覆って、
気づいたらもといた道に戻っていたそうです。

迷い込んだ体感時間は30分ほどだったそうですが、
実際は二時間ほど経っていて、
友人に心配されたと言っていました。

父が未だにこの体験だけ何が起こった理解できないと疑問に思っているので、
もし同じような体験をした方がいるなら、と思って投稿させていただきました。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント