【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】神社の鳥居の前を通りかかった

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】神社の鳥居の前を通りかかった

スポンサーリンク


不思議な体験があります。

浪人生だった時分、
俺が愛犬の散歩をしていて、
近所の神社(100mくらいしか離れていない)の鳥居の前を通りかかった時。

季節も冬(確か12月末)で時刻も18時を回っていて、
辺りはすっかり暗く、ライトを付けなくては道が見えない程だった。


突然愛犬がピタッと立ち止まって、
ジッと境内を見ている。

しまいにはその場に座り込んでしまった。

俺は

「おい、行くよ」

とリードをグイグイ引っ張るが、
一向に立つ気配もなく、
しかも目は境内(正確には本殿)から離さない。

仕方がないんで、

「誰かいるんか?」

とライトで境内を照らすと、
白い服を着て、烏帽子?みたいなものをかぶった人が見えた。

階段みたいなところに座って、
こちらを見ている様子。

口には横笛を咥えていたんですけど、
音は聞こえない。

直感的に、神主かと思いましたが、
その神社の神主さんは中年のおっさんで、
しかも俺のよく知っている人物だったんだけど、
この人はどう見ても若い感じがして、
雰囲気も何かおかしい。

知り合いのおっさんだったら、
向こうから声をかけてくるんですけど、
そんな様子もなし。

犬の方も騒ぐ様子も無く、
むしろ落ち着いている感じだった。

不思議に思い、
声をかけようかとしたんですけど、
その人はそのまま本殿の裏手に歩いていき、
姿が見えなくなった。

その後、
犬が何事もなかったかのように急に立ち上がって、
いつものように歩き出した。

怖いという感覚は無く、
むしろ清清しい気持ちになった。

その神社の氏子だったんで、
何か縁みたいなものを感じたんだが、
あれは一体何なのだろうか?

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント