【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】私は58までしか生きれないから

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】私は58までしか生きれないから

スポンサーリンク


わたしのおばあちゃんは58歳で癌で亡くなったそうだ。

自分は生まれていなかったので詳しくは知らない。

その後、私が産まれて成長していく中で、
母はよく

「私は58までしか生きれないから」

と、何かあるとポロッと言っていた。

なんていうか、運命には逆らえないと諦めたような表情でさ。

病気があるわけでもないし、
縁起でもないからやめてって私は言ってた。
(他の兄弟は、その発言を聞いたことがなかったそう)

そして58になる前に、脳出血で倒れた。

意識障害があり、四肢の麻痺が残り、
しゃべることもできなくなった。

なんとなく、母の予言は外れたとホッとしていた。

しかし、母が58になったある日、病院から呼ばれ行くと、
寝たきりの母に悪性の腫瘍ができていると言われた。

この時、はじめて『言霊』というものがあるんだと背筋が凍ったよ。

不吉なことは口にするもんじゃないね。

ちなみに母は58を過ぎても生きています。

ただしくは生かされている、っていうのかな?

呼吸器外して、栄養止めたらすぐに死んでしまう状態。

例えが悪いけど、生きる屍だよ。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント