【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】紫水晶の欠片

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】紫水晶の欠片

スポンサーリンク


小学校の頃に時々遊びに行っていた、
小高い丘ぐらいの小さな山があった。

奈良の若草山をせいぜい縦横高さを二倍にした程度の、
本当に小さな山だ。

お寺、打ちっ放しのゴルフ場などがあり、
木もあまり生い茂っておらず、
子供が探検するには手頃な感じだった。

また、山の麓は植木畑に繋がっていて、
桜や木瓜などが綺麗な花を咲かせていた。

ところが、住宅地から近く、
登山路も多くあるせいか、
首吊りが時々ある場所でもあった。

また、砥石の採掘場跡もあり、
山に二箇所採掘口の入り口が残っていた。

その採掘口近くで盲水晶が良く取れたので、
毎回その辺りを掘ったりしていた。

ある日、そこで紫水晶の原石を拾った。

サイズは小さく、
鉱物標本のように水晶が沢山固まっているのではなく、
ばらばらにな水晶の一つだ。

それから月日が流れ、五年前の事。

MSNで知り合った女の子と意気投合して、
新宿で逢う事になった。

その子の誕生日が二月って聞いていた。

逢う二日前に突然その山を思い出して、
記憶にある場所に行ったら、
割と人が来る山にも関わらず、
紫水晶の欠片が見つかった。

よし、これをプレゼントしようと思い、
カバンに入れて、新幹線で上京した。

ご飯を食べて、お酒を飲んで、カラオケに行って、
良い感じになったので、次は…って前に、
その紫水晶の欠片をカバンから取り出した。

「誕生日二月って聞いていたから、これあげる。
山に入って自分で取ってきたやつだから、高価じゃないけどね」

その瞬間に、女の子が嗚咽を始め、
トイレに走って食べたものを全部もどした。

顔つきが妙に怯えていて、受け取ろうとしない。

そして、その場で走って逃げられてしまった;;

よく考えたら、
首吊りとかがあった山で取ってきた石プレゼントって、
酷い話だなと思いつつも、
その後連絡が取れなくなったその子に未だに謝れていない。

電話全然通じないんだ;;

紫水晶は拾った場所に戻しておいた。

その子、元気かなぁっと思いつつ、
今も申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

拍手[1回]