【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】舞台上での事故

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】舞台上での事故

スポンサーリンク


1958年4月1日午後6時半頃、
旧宝塚劇場で行われていた花組4月公演
『宝塚春のおどり・花の中の子供たち』の公演中、
月組の香月弘美が死亡した。

せり出し装置(舞台下から出てきたり、
逆に舞台下に消えてゆく仕掛け)のシャフトに
彼女が着ていた衣装の裾が挟まれ、
スカートを広げるために衣装に仕込まれていた薄い鋼のベルトによって胴体を切断されたのだ。

ご存じの方も多いとは思うが、せり出し装置の動く速度はそれほど速いものではない。

そのじわじわとしたスピードで死につつある恐怖は、尋常の物ではなかったであろう。

鮮血に染まりながらゆっくりと胴体が切断されてゆく様を、
ただ黙って見ていることしかできなかった相手役・松嶋三那子は、
ショックで数日間失踪したという。

皮肉なことに、この日の香月は『代役』であった。

風邪をこじらせた同期生(日夏友里)に休演を勧め、
その代わりを自ら買って出ていたのだ。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】母親の証言
【ほん怖】変なおばさん
【ほん怖】女子寮
【ほん怖】アルコール依存症の影響
【ほん怖】祖母の家に預けられていた頃

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント