【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】落葉

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】落葉

スポンサーリンク


田舎で同級生から聞いた話です。

彼は中学のとき自転車通学をしていました。

ある晩秋の朝、
いつも通っている道に落ち葉が降り積もっていました。

朝露でぬれていたため滑りやすく、
少しでも下手にハンドルを切るとズルっと滑って、
なんどかこけそうになったそうです。

しかし、その感覚が楽しく、
彼はなんどもスピードに乗った状態で
ブレーキをかけたりして遊んでいました。

何度目かの時、
ついに滑ってコケてしましました。

派手に転倒し、

「イテテ…」

と起き上がった彼が自転車を起こしていると、

「クスクス」

「なさけないなあ…」

と笑い声のようなのが聞こえます。

「誰かいるのか?」

と聞き耳を立てていると、
声は地面から聞こえます。

よく耳を澄ますと、
落ち葉がしゃべっているようです。

気味が悪くなった彼は、
再び自転車にまたがると全速力で逃げたそうです。

その日の帰り道、
同じ道を通ってみたそうですが、
あれだけあった落ち葉が一枚も無くなっていたそうです。

気味が悪くなった彼は、また、全速力で走り抜けたそうです。

「葉っぱが一枚もなかったときの方がゾクっとしたけどね」

そういって笑っていました。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント