【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】裏の庭で一人遊んでいた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】裏の庭で一人遊んでいた

スポンサーリンク


俺の餓鬼の時の体験。

俺の住んでいるとこは県庁所在地だったが、
親父の実家が同じ県のド田舎で山の中だったんだ。

冬休みになると正月を過ごすためにそこに連れられて行くのだが、
其の当時はTVの入りも悪く正直行きたくなかった面もあったんだ。

其の年もいつものごとく連れて行かれたんだが、
従兄弟らがまだ来ておらず暇でしょうがなかった。

で、
することも無いので裏の庭で一人遊んでいると、
突然ガサガサと音がする。

そちらを見ると、
どう見ても『鬼』としか見えないの者が、
藪の向こうからこっちを見ている。

背の高さはあまり高くないが角が一本はえていて、
筋骨逞しい様子はまさに絵本の中にいる鬼だった。

餓鬼だった俺は大声で悲鳴を上げると、
爺さんが家の中から走って出てきた。

それで爺さんの方に走って行ったが、
其の時の爺さんの表情から考えるに、
爺さんも見ていたものと思われる。

で、其のあと直ぐに檀家だったお寺に相談に行き、
和尚さんを連れてきて現場を見てもらったら、

「これは自分の手に負えないので、本山に頼むしかない」

と言って、本山から徳の高い僧を呼んでくれた。

其の日の内に来てくれた高僧は一生懸命祈祷をしてくれ、
その後説明をしてくれた。

「どうした訳か分からないが、
常世との境目が一部崩れ鬼がこっちに出てきてしまったようだ。
さっきの祈祷で恐らく穴はふさいだと思うが.....」

と言うことであった。

幸いその後は『鬼』は出ていないが........。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント