【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】西明石に住んでた

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】西明石に住んでた

スポンサーリンク


阪神淡路大震災の時、
西明石に住んでたため、
震度7の揺れを体感した。

揺れてる最中、
二段ベッドの下の段に寝ていた私は、
母の

「布団をかぶれ!」

の声を聞いて、
すぐに布団に潜った。

少しして布団の隙間からチラリとのぞいたら、
何故か植木みたいな木が二、三本見えた。

なんでこんなとこに?

ベランダから植木持ってきてたっけ?

と思いながら、必死で揺れに耐えていた。

揺れが収まってから家の中を見回って絶句。

一つとしてちゃんと立ってる家具は無かったし、
壁やらに亀裂が入っていた。

恐ろしくなって寝室に戻ったんだが、
何故か寝室だけ何一つ倒れてなかった。

小さいタンスの上の目覚まし時計すらそのまま。

んで、見えていた植木はひとつも無かった。

私がそんな木みたいなのを見たって話をしたら、
母は

「きっと死んだお爺ちゃんが守ってくれたんやねー」

と。

母は揺れが襲う寸前に、死んだ祖父が

「すぐに逃げろ!」

とマンションの下から叫んでる夢を見ていたそう。

でも、なんで私には木に見えたのか、未だに謎。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント