【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】見たこともない魚

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】見たこともない魚

スポンサーリンク


自分自身の話じゃないけど、
釣り仲間であり、尊敬する人生の先輩であるKさんから聞いた話。

Kさんは若い頃、
漁業関係の会社を経営してたんだけど、

漁にいかせてたトロール船の船長から、
突然連絡があったんだって。

聞いてみると、

『乗組員であるYが死んだ、異常な死に方だ』

との事。

Kさんは何があったかのか聞き、

「とにかく、仲間が死んで混乱する気持ちはわかるが、
船長のお前が慌てるな!落ち着いて冷静に!」

と、近くの港に行くように指示し、
自身もその港に向かった。

港につくと、
そこには安らかに眠るYの遺体があり、
船の上の死なので、
警察の事情聴取や死亡解剖などが行われた。

その間Kさんは、
船長や船医に何があったのかを聞いた。

船長や仲間の証言はこうだ…

Yが死ぬ前の日の昼、
見たこともない魚が釣れたんだ。

まっ黒くてテラテラした姿で、綺麗で大きい魚。

こんな魚みた事ない…気持ち悪いな…と思ったそうだ。

その時、Yが

「食べてみよう!」

と言って、その黒い魚をさばこうとした。

船員みんなが

「気持ち悪い、やめておけ」

と静止したが、聞かずその黒い魚に包丁を入れた。

その時、その魚から気味悪い音、声?

「キィィィィーーー…」

と聞こえた。

ますます気持ち悪くなって、みんなが

「なげろ!(捨てろの意)」

と言ったが、Yは聞かなかった。

その黒い魚の身は真っ白で、船長曰く

「さばいた姿はヒラメの身のようだった」

らしい。

半身になった黒い魚の身は美味しそうだったが、
妙な悲鳴を聞いてるせいで、
船員のなかでその魚を食べる人はYだけだった。

Yはその身を頬張りながら

「うまいうまい」

と言っていたが、
他の船員は気味悪がって誰も手をつけようとしないので、
その残りの身と半身の黒い魚を、海に投げ捨てた。

その次の日の朝…

ある船員が叫んだ。

「おーい!あそこ見てみろ!船の後ろ!」

船長が船のスクリューの部分をみると、
あの半身になった黒い魚がついてきているのが見えた。

まさか…スクリューにひっかかってるのか!?と思ったが、
そんな事はなく、半身になったあの黒い魚が、
自力で泳いで船についてきていた。

内臓もなんも取っ払って、
半分になった魚がなぜ…

そう思いゾっとした時、
今度は違う船員が血相変えて叫んだ。

「おいっ!Yが…Yが死んでる!」

船長は慌ててYが寝ていた船室に行くと、
そこには眠ったままの姿勢で干からびたYの死体があった。

ミイラのようになって死んでるY…

船医が見たところ死因は老衰。

Yは40代後半だが、
死んだその姿は100過ぎた老人のようだったそうだ。

遺体写真をカメラで撮って、
船員大混乱の中、社長のKに連絡…との事。

警察が船医に

「Yのその写真を見せてくれ」

と言ってきて見せた。

その時Kさんも一緒に見たそうだが、
一同

「こりゃエジプトのミイラでねが!」

と叫ぶほど、
その遺体は干からびていたらしい。

だが、港に戻ってきたYの死体は、
眠るように綺麗な遺体。

結局、司法解剖の結果、
心不全として扱われ、
死因が老衰の写真はKの元に返されたそうだ。

Yの親御さんや親族には、
この写真を見せる事が出来るわけもなく、
気味悪いし縁起も良くないからと、
K、船長、船医で、その写真を焼却処分した。

俺はその話を聞きながらも半信半疑で、

「そんなことあるのぉ~?」

と聞いたが、Kは、

「本当の話だ。
写真だって、そのときの船長(今現在の水産加工会社の社長)、
船医(冷凍冷蔵会社の社長)、
警察(新潟の警察らしい)が見たし、証言できる」

と言った。
海には人間の力の及ばない何かがある。

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント