【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】親父が胃潰瘍で入院した

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】親父が胃潰瘍で入院した

スポンサーリンク


家族には怖すぎて内緒にしてる本当の話。

12年前、
親父が胃潰瘍で入院した。

4人部屋で、
親父、親父と同年代のオジサン、
20代のやや知的障害持ち、
一つのベッドは空きだった。

20代のやや知的障害持ちは、
よく絵を描いて傍に居る人に見せて歩いていた。

見せられた人は
まるで幼稚園児を誉めるようにしてやらないと不機嫌になるらしかったが、
その他は取りたてて他人に迷惑は掛けない様子だった。

ある日も絵を描いて親父に見せに来た。

病院らしき建物の外観を描いた絵。

本当に幼稚園レベルの絵だが、
親父はにこやかに誉めてみせた。

少し時間があって今度描いた絵は、
親父と同年代のオジサンに見せに行った。

俺はその絵をチラ見して凍りついてしまった。

『○○家のはか』と、
拙い字でオジサンの名字が書かれた墓参の様子を描いた絵だった。

オジサンは温厚な人ではあったが、
さすがにあからさまに不機嫌な表情でソッポ向いた。

それから10日くらい経ってオジサンは亡くなった。

元気そうに見えたが癌だったそうだ。

親父は程なく退院して健在だが、
今でも家族には何故かこの絵の事は言えないでいる。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント