【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】託児され続け

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】託児され続け

スポンサーリンク


去年の話。

託児され続けてノイローゼになり、
実家で療養していた奥さん(Aさん)が帰ってきた。

お出迎えしてくれたのは、
託児母とその子供。

託児母「元気になってよかったぁ。
うちの子達も心配してたんだよ。
Aさんが辛い時は助けるから、
逆の時はまたお願いね」

放置児「おばちゃん、またおかし作ってね」

Aさん「おばちゃんいっぱいおかし作るから、
また食べに来てね」

と笑顔で返したので、
一同ビックリした。

翌日から託児が始まり、
せっせとお菓子をふるまうAさん。

夏場だったので、
パフェやスムージーなど冷たいおやつを
毎日毎日出して上げたそうです。

寒くなってからは、
クッキーやホットケーキに兄妹の大好物のカスタードクリームを添えて。

しかも、帰りには

「これお母さんにあげてね」

とお土産まで持たせたのですが、
食い意地の張った兄妹なので、
遅い夕食前に全部食べていたそうです。

半年経って見事な肥満児になった兄妹たち。

託児母が

「何食べさせたのよ!!」

と怒鳴り込んできたらしいけど、
Aさんは

「おやつに食べさせたのと同じ物をお土産に持たせてるけど」

と言って撃退。

そうかと言って託児を辞めることも出来ず、
子供達はスクスクと成長を続け、
小学校や園から指導を受けるようになった託児母。

今日もせっせと超ハイカロリーお菓子を作り続けてると思うと怖い。

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント