【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】話声

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】話声

スポンサーリンク


今の嫁とまだ付き合って間もない頃の話。

俺が以前住んでいたアパートが所謂出る所で、
付き合いたての彼女を怖がらせたくなかったから、
部屋に連れて行かないように努めていた。

が、なんやかんやで俺の部屋に泊まる事になってしまい、
何も起こらないよう祈るように寝ていたのだが、
夜中の3時頃、彼女が誰かと話す声が聞こえて目が覚めた。

『ヤバイ、取り憑かれたのか?!』

と心臓バックバクで、
とりあえず寝返りをうって彼女の方を向こうとしたけれど、話
声を聞くとなんだか状況が違っていた。

「はぁ、へぇー…んだかぁオメぇも苦労したんだなぁ…
あぁ?だから違ぇっつってっぺー?あぺとぺな事言ってー
そいづとほいづは違ぇよーもうそのほでなすは死んだんでねぇか?
だいだいいづの話なのっしゃ?ええ?」

訛っている。

だが紛れもなく彼女の声だ。

以前に宮城の出身と言ってたが、
こんなに訛っているのは聞いたことが無い。

しかもなんだか『誰か』と喋っている。

ちなみに俺のアパートに出るのは女。

夜中物音がしたり、
うっすら目を開けるとたまに目が合う。

ただ見られているという感じがするだけで、
今のところ実害は無かったし、
近々引っ越す予定だったから、
とりあえずスルーをしていたのが現状だった。

もちろんこの事は彼女には話した事は無かった。

起き上がるタイミングをすっかり失った俺は、
とりあえず寝たふりをして彼女の話を聞いてみた。

「んだなーこいづもだいぶ迷惑してるみてぇだしなぁ
おめぇもここにいる理由などねぇんでねぇか?
うん…うん…んだすぺー!
そのほうが絶対いいってば!な?
もう上がれなぁ。んなほでなす忘れちまえな…な?(涙声)」

彼女がだんだん涙声になって、
鼻をすする音を聞いた所までは覚えていたのですが、
不甲斐ない事に、気が付いたら朝でした。

朝、彼女に

「この部屋、実は出るんだ」

となにげなく言ってみたら、

「あはは!もう出ないんじゃない?
一応今日から3日間くらい、アッチに向かって手を合わせるといいよ」

とあっけらかんと笑いながら、
何故か西の方角を指さしていました。

彼女(今は嫁)とのこういった話はちょこちょこあるのですが、
これが彼女の不思議な何かにほんのり気付いた時でした。

ちなみに、この話は妻の了承済です。

方言監修もしてもらいました(笑)

あと、あのとき妻は、
俺が起きていたのを気づいていたそうです。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント