【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】誰?

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】誰?

スポンサーリンク


高三になって、
受験勉強で疲れてる所為なのか
自分の部屋にいるとき一人言が多くなった。

最初は

「くそっ間違えてんじゃねぇよ」



「こんなん解らなくね?」

など、まぁ普通と言えば普通?だった。

そして受験が近付くにつれて忙しなるのと一緒に、
一人言もエスカレートしていった

11月になって、ふとあるとき、
自分が

「誰だと思う?誰だと思う?誰だと思う?誰だと思う」

を小さな声で連呼しているのに気付いた。

気付いたと言うよりかは、
なぜこんなことを呟いているのかと疑問に感じた。

なぜなら別に無意識にというわけでは無かったからだ。

なぜか呟きたかった。

その時はただ疲れてるからかなと思ってた。

12月半になったとき、
今度は無意識に

「誰?誰?誰誰誰誰誰誰誰誰誰誰」

と呟いていた。

恐らく5分は呟いてたと思う。

そして2次が近くなるにつれ

「誰?誰?誰?」

は多くなっていった

流石に自分が怖くなった。

疲れではないと思った。

多分幽霊的なものが憑依したんだと。

思えば最初の頃の一人言の

「くそっ間違えてんじゃねぇよ」



「こんなん解らなくね?」

などは、
誰かに話しかけるようなものばっかだった。

もしかしたら霊が自分に話しかけていたのかもしれない。

自分は全く霊感が無い。

婆ちゃん家がお寺で兄や母などはよく見ると言うが、
自分はそうゆう体験とは無縁だと思ってた。

俺が霊感無いから、
視覚でも聴覚でもなく直接憑依して
自分とコミュニケーションを取ろうとしてたのかな?

「誰?誰?誰?」

というのは結局受験が終わるまで続いた。

志望校に受かってからは一切起こらなくなった。

やっぱり疲れてたのかな?

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント