【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】輪灯

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】輪灯

スポンサーリンク


仏壇の話。

母が若かったときの話。

仏壇の中の仏具に輪灯というのがあるけど、
その輪灯が落ちるとその家の誰かが亡くなる、
という迷信が母の住んでた土地にあって、
輪灯の取り付けにはとっても神経質になってたんだって。

ある日、となりの若いお嫁さんが真っ青な顔をしてやってきて、

「突然輪灯が落ちてしまった、どうしよう」

ってうろたえてたんだって。

結局、お坊さんを呼んで念仏をあげてもらったらしいんだけど。

偶然かどうかしらないけれど、
その二ヵ月後に同居の姑さんが死去。なんで?と思うような事故だったらしい。

それで、まぁ、田舎だから、困ったもので。

姑さん、そのお嫁さんが気に入らないらしくてあちこちで悪口言ってて、
お嫁さんはかなり苦労していたのをみんな知ってるから、
その事故の後でいろんな噂が立ったらしい。

実は誰かが…って。


あと、別の話なんだけど、
面倒だって言って、
ずーっと仏壇を開けずに放置していた家があったんだって。

そしたら時々仏壇の中から、
扉を叩いているような音がするようになった。

家の人は怖くて扉を開けられないので、お坊さん呼んだ。

お坊さんが念仏となえて扉を開けると、
白い煙がばーんと出てきたんだって。

部屋中が真っ白になって、
すーっとその煙は消えて行ったとか。

ちゃんと毎日仏壇をあけなさいよと、
坊さんに長い説教をされたらしい。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント