【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】輸送班に臨時勤務中

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】輸送班に臨時勤務中

スポンサーリンク


これは何年か前、
当時所属していた中隊の先輩から聞いた話。

間もなく昭和の時代も終わろうとする夏。

先輩は輸送班に臨時勤務中で、
休日の広報業務支援のため土曜の夜に一人、
営内で残留していたそうな。

翌日は早朝からの運転業務のため、
酒も飲まず早い時間からベッドに入っていた。

しかしそうそう早く眠れるはずも無く、
もやもやと時間ばかりが過ぎていった。

ふと気が付くと、
部屋の片隅にゆらゆらと揺らぐ空間がある。

何だ?と目を凝らすと、
次第に揺らぎは消え、
跡には女の姿があった。

クリーム色に青と緑の格子柄のパフスリーブのワンピースに、
つば広の麦藁帽子をかぶった若い女。

不思議と先輩は、
なぜ女が?とは思わなかったという。

やがて女は次第に先輩のベッドに近づいていった。

近づくほどに腰をかがめながら。

「最後にはほとんど四つん這いだったな。
ほら、貞子みたいに」

それでも、
なぜか女の顔だけは霞んだ様にはっきりとは見えない。

やがて、
女はベッドの縁に手を掛け、
覗き込むように顔を近づけたという。

「その瞬間までは、
不思議と恐怖感は無かったんだ。
これっぽっちも」

しかし、
突然に女の顔がはっきりと見え始めた、
様な気がした。

「見ちゃダメだ。そう思ったよ」

先輩は全力で半身を起こし、
左の拳で女の顔のあたりを薙いだそうだ。

ぐしゃり、というなんとも言い様の無い感触を最後に、
先輩の意識は途切れたという。

翌朝、目を覚ました先輩に残されたのは、
尋常でない寝汗で濡れたベッドと、
左拳全体の青痣。

「まあな、寝ぼけて暴れてどっか殴ったのかもな。
でも、痣の酷さのわりに全然痛くなかったし。
今思うと、あの女、なんだか悲しそうな、寂しそうな、そんな感じもしたなあ…
話、聞いてやっても良かったのかな?
殴ったりして、悪かったのかな?
でも、そうしてたら、俺、どうなってたろう?
なあ…お前なら、どうしてた?」

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント