【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】近くの山で遭難があった

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】近くの山で遭難があった

スポンサーリンク


ウチの祖父の話だが、
40年以上前に近くの山で遭難があって、
消防団の祖父も参加した。

三日後、
祖父が渓流のそばの木の下で遺体を発見した。

ただその遺体が変だった。

両耳を両手で塞いで、
一方の方向を向いて絶叫してるみたいに死んでいた。

遺体の側には折れた杖。

そして遺体の身体の先には、
赤い服を着た洋人形が落ちていたらしい。

洋人形の身体には、
半分折れた杖の先が刺さっていた。

死ぬ間際、
この人は何を見たのだろうと不思議に思ったらしい。

後々遺族の話では、
亡くなった人はそんな洋人形を持っていないとの話だった。

極限状況に陥り幻覚を見たんじゃないかという噂も流れたが、
真相はもう誰にも分からない。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント