【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】進路相談

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】進路相談

スポンサーリンク


今年の秋頃かな。

二条城の周りを走ってたときの話なんですが。

トイレが有るんですけどね、
そこに3つほど腰掛けやすい石があるんです。

そこで走った後の興奮と息を押さえるために、
ぼんやりと座ってたんです。

そしたら、ジャージ着たおじいさんが、
他の石に座ってらしたわけです。

おじいさんが、

「最近寒くなってきましたなぁ」

と話しかけてきたので、私は

「ですなぁ~」

と。

不思議と話しやすいじいさまで、
どんな会話してたんかは忘れましたが、
いつの間にやら進路の悩みやらも打ち明けてた訳です。

しっかり相談に乗ってくれました。

私、大学は環境系の学部に進みたいと思ってたんですが、
そん時にヤケにマジに理由を聞かれたんです。

「なんでその学部行きたいんや?」
って。

私は地球温暖化現象とか、森林伐採とか、そう言った物を例に挙げて、

「それをなんとか止めたいと思ってます」

と言いました。

するとじいさまは、

「若い子もそういう事に興味もっとるんやねぇ」

と言われて、
話はいつの間にか環境破壊の話になってました。

おじいさんはこういってました。

「わしはな、環境破壊は止めんでええと思うわ。
わしらがおるんやから環境が悪くなるんは当然やろう。
むしろそんな風に中途半端に地球を大事にするんやったら、
何もせんほうがええんと違うやろか?
それより大事なんは、人間が地球を壊しても、
人間が生きて行ける様にならんとあかんのちゃうかな」

そういって、

「環境系目指してる子に言う事違うな」

といって苦笑いしてました。

そして、またくだらない事を話して、
そろそろ帰らんといけなくなりました。

で、去り際におじいさんが言った言葉ってのが、

「子供は親を食いつぶして育つもの。
子供がしっかり育てば親は嬉しいものだ。
それで死んでも親は喜ぶ。わしだってそう。
だから、人はしっかりわしを食いつぶしてな」

って。

普通に変な事いうてるなぁと聞き流した訳ですが、
横断歩道わたる間考えてみると、
なんで『わし』を食いつぶすのかと。

聞き違いでは無いと思う。

トイレの方見たら、もう誰もいなかった。

結局私は、光工学科に進路変更して提出しました。

あのじいさんのいう事も考えてみた結果です。

ぶっちゃけあのじいさんが誰であってもいいから、
またしゃべりたいなぁと思う。

でもアレから何回も走りに行っとるけど会えない。

時間帯もあわせてるんだけど。

他のトコのオカルト系とかで聞いてみると、

「地球の意思ってやつと話したと違うか?」

と言われました。

確かにそうかもと。

なんとなく、子供の頃にあった神社で、
一週間位だけ一緒に遊んでた姉妹を思い出した。

近くにそんな子おらんかったのに、
毎度遊びに行ったらおった子。

急に来ん様になったから、
ばーちゃんに聞いたら、

「お稲荷さんに遊んでもろてたんやねぇ」

と言われた。

エロゲーならフラグが立ってるレベルだわ。

名前聞いときゃ良かった。

ひょっとして霊感とか強いんかと思ったりもするけど、
幽霊とか全く分からん人だったり。ムフー

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント