【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】遺影写真

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】遺影写真

スポンサーリンク


1993年7月12日午後10時17分、
北海道南西沖地震の時、
知り合いのおじいさんのお通夜でした。

お通夜も終わり、
親戚や親しかった人たちがそのままお寺に残り、
しんみりと故人の話なんかしながらまったりしているところに、
突然の地震。

残っていた人たちが我先にと、
祭壇から落ちないよう棺桶を押さえつけていました。
(本当にものすごい揺れだったので、
立ち上がることすらならない状態の中)

通夜、告別式と無事に終わり、
49日を迎えた頃、故人の息子さんから聞いた話。

喪主であるその息子さんの弟(故人にとっては次男さん)、
遠方に住んでいて、なおかつ仕事の都合もあり、お葬式には出席できずに、
お通夜の日には、遠い地で一人でしんみりと父親のことを思っていたそうです。

そしてTVで南西沖地震があったことを知り、
父の葬式は大丈夫かと、
通夜をしていたお寺に電話をしてみたがパンク状態でつながらず、
どうしようかと途方にくれていた。

その夜、なんと故人が現れたらしく、
その次男さんはびっくり!(当たり前だけど)

おじいさん笑顔で、

「たいした(北海道ではすごくとかって意味)揺れたけど、
みんな押えてくれたからぜんぜんこわくねかったぞ~」

と言い、すっと消えたらしい。

ちなみに、他のお寺(かなり小さくて古い)であったお通夜では、
床が抜け落ちて一箇所に皆が滑り落ち、
祭壇が崩れ棺桶から故人が出てしまい,
しかも皆の一番上に乗ってしまったらしい。

出席していて、
たまたま巻き込まれずに一部始終を見た知人が、

「ドリフのコントみたいで、不謹慎にも笑ってしまった」

と話していたのが印象深い。

ちなみに怪我人は0だったらしい。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント